fc2ブログ
快適性はどうか?
新居に越して丁度3週間が経ちました。
我が家の住み心地について少々書いておきたいと思います。

室温と湿度
朝起きると2階寝室は大体18度、1階リビングは20度のことが多いです。
今日みたいに寒い日でもこれはあまり変わらず、そこそこ暖かい。
うっかり子供を薄着で外へ出して、寒い、と上着を取りに帰ってきたことがあるので、それからは一旦外へ出て気温を確認する癖がつきました(笑)
湿度は40%から45%くらいとやや乾燥気味ですかね。
油断すると子供の唇がわれたり肌がかさかさしたりするので、見える場所にリップとベビーローションを置くようになりました(笑)
私が極度の冷え性の為か、フローリングがヒヤッとして寒い、と感じることがあります。我が家の建っている場所が山を開発したところだから余計に夜になると冷え込みが厳しいというか、4月だというのに床暖をつけることもしばしばだったり。オール電化じゃない我が家、はてさていくらくらいの電気代がかかるのかしら。

気密について
実は私、スギよりもヒノキに過敏な反応を示す花粉症持ちです。
3月末から5月くらいまで、もう薬が手放せない状況で毎年ひーひー唸っているのですが。引越し後、薬が必要なほどの状態になったのは2回。(内1回は丸一日出掛けてました)
鼻がムズムズすることはありますが、頭がボーっとしたり苦しくてイライラする程の酷い状態になることはまずありません。
夢の家の機密性、凄い実感中。一条さんにしてよかった!としみじみ思ってしまいます。でもコレは個人差があるので、皆が皆私のように即効果がでるってわけじゃない、と営業さんが言ってました。でも、アレルギーもちの方には確かにいいおうちだと思います。
確か冷え性も治るって言ってましたっけ。それにも期待。

魔法瓶浴槽
あの重いお風呂の蓋をぴっちり閉めておけばアラ不思議。翌日洗濯する時にもほわーっと湯気が上がる程度にお湯が温かかったりすることがあります。大体7時くらいにお風呂沸かして私が入るのが0時前後。元々熱いお風呂好きな私が「ちょっと温いかな」と思う程度の温度を保ってます。勿論途中で沸かしなおしナシ。身体が温まってくるまでゆっくりと湯船に浸かるようになって、お風呂の時間が長くなりました(笑)
営業さんが「わが社の自信作」と言ってただけのことはあると思います。ガス代、節約できてるとよいなぁ。


はっきり言って上下の音は予想以上に響きます。
その代わり、横の音はあんまり気になることはありません。
義父の部屋とリビングは階段を挟んで隣り合わせですが、
よっぽど大声出さない限り声や音は聞こえません。
階段下を収納にしてそこに荷物が入ってるのも一因かもしれませんが
思っていた以上に静か。
外の音も殆ど聞こえないので、雨が降っていても気付かないし、
近所の建築現場の音も気になることはありません。
熱交換型換気扇の音は義父は気になる、といいますが私は全然平気。
こればっかりは性格と慣れの問題でしょうかねぇ。


あと、変わった事といえば子供を怒る回数が少なくなったこと。
理由は息子、娘共に自分の部屋が嬉しいみたいで、リビングにいる時間が減ったんですよねぇ。部屋の居心地がいいとリビングに下りてこなくなる、とは聞いていましたが、4年生と1年生にして実践されてしまいました。まぁ、おもちゃ類もゲームも一切リビングから排除したので仕方ないといえば仕方ないのですが。ちょっと寂しい…かな?





スポンサーサイト



【 2007/04/18 09:39 】

| 新生活 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<今週の月曜のお話、と今日のお話 | ホーム | 引越し後3週間>>
コメント
--- ---

こんにちは。
お互いお引越し、入居が同じ時期ですね。
感想を聞いていて
「そうそう」な~んて、同感してました(笑)
私も、一条で建ててよかったなって思いますよ!
花粉症、良かったですね。この辛さはなった人にしかわからないもの!わたしは今年おかげさまで軽症です・・・
これからも、快適な暮らしを続けたいですね
ryota841 * URL [編集] 【 2007/04/19 11:13 】
--- 遅くなりました(汗 ---

コメントのお返事すっかり放置でごめんなさい。
早寝早起きを心がけていたのに風邪をひいて体調崩したり、学校の役員を引き受けたりと多忙な毎日を過ごしてました、と言い訳(笑)

やっぱり花粉症には効果があるな、と今の家に住んで思います。
今年は本当に花粉に悩まされることが少なくて、来年以降も期待。
また少しずつ報告していきますので、また遊びに来てくださいね。
さくらこ * URL [編集] 【 2007/05/02 17:55 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sakurako3.blog92.fc2.com/tb.php/113-2bd133a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |