fc2ブログ
親の愚痴
地鎮祭について一応地主でもある親の予定を聞いておこうと電話をしました。
なぜ営業のOさんの電話から4日も経ってから電話したかには理由があります。
実は昨日、弟が彼女を初めて実家に連れて行く日だったんですね。
30をとうに過ぎた弟が、初めて結婚しようと思ったという彼女。
親はそういう相手がいることも、弟からは知らされておらず
(私がうっかり口滑らせちゃったので、存在は知っていた/汗)ドキドキのご対面だったのですよ。
その話をゆっくり聞こうと思って、今日の日まで電話するのを保留にしていたのです。

で、夜落ち着いてから電話。父が出てきて地鎮祭の話をしたら
9日は今のところ丸々空いているらしいので、とりあえずその日にちで話を進めることにしました。
「いよいよかー」とか、「草刈もしっかりしておいてかるからな」とか上機嫌だったので、
これは昨日もきっといい感じに話が進んだんだわ、と思っていたのです。
でも、もしそうならば今日母からでも電話が合ったはず…。
なかったってことは…なんて一抹の不安もあったので
電話を置こうとする父に昨日の話をふってみました。
………そこから延々30分父→母と電話を代わっての愚痴大会ですよ(ふ)

何でも、彼女は見た感じ結構綺麗な子だし話をした感じもよかったらしいのですが、
弟の態度がねぇ…両親共に不満だったみたい。
元々甘ちゃんというか、世の中舐めてるところのある弟で、
そのくせ年も年だから一人前のことを言うわけですが、筋の通し方がちょっと間違ってるんですな。
姉の私から見ても、偏屈のわが道を行くタイプ。実は父そっくり(あ)
結婚を打ち明けられた時も、くれぐれも上手いこと親を立てるところは立てて話ししなさいよ、
と口酸っぱくして言ったのに全然聞いてないし。
父は「昨日話はちゃんと丸く収まったから」とか言いながら、
怒り心頭なのは電話越しにもヒシヒシ伝わってくるし、
母も間に挟まって頭痛そうな感じを受けました。
私も父の頑固さと辛辣な物言いには泣かされたこと多々ありますが、全て子を思う親心からのもの。
子供を持つ身としてはその気持ちが理解できるし、有難いなとも思うのですが、
まだまだ自分が思うほど世間を知らない弟にはわからないのかもしれないなぁ…。
とりあえず、親には弟のことをフォローしつつ、
話をちゃんと聞いてあげて欲しいと何回も念押しして電話を置きました。
折角のお目出度いお話なんだから、双方がちゃんと歩み寄って行ってくれればいいなと思います。

スポンサーサイト



【 2006/08/02 22:34 】

| そのほか | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |