fc2ブログ
住宅建築相談会
住宅建築相談会なるものに行って来ました。
毎週はしんどいよ、と言いながら気付けば毎週のようにS林業のKさんと会っているし…。旦那は結構Kさんの話を聞くのが愉しいらしく、他のメーカーさんとのことは私にまかせっきりの癖に自分から積極的に動く。おまけに木の家を建てるんだ、と本人決めちゃっているようで鉄骨住宅のメーカーさんはお断りを私がいれなきゃいけない…。まぁ、いずれはお断りしなきゃいけないから早い時期のほうがいいンですがね。
S林業はなんてか営業さんが上手いです。私も旦那も一応営業経験者なんですが、その話の進め方には感心させられます。
決して急がせるようなことは言わない。
他者の悪口は勿論言わない。
聞いた事にたいして即答してくれる。分からない時は調べて後日電話。
きっちりメモを取って、それをファイリングしている。
まぁ、そんな感じなんですが。どれも当たり前だけど、悪口は割りとよく聞くし(特に某S社は酷かった)特に最後のメモ。案外他のところはソレを客の前では見せなかったりするんですよね。見せたほうがアピールにもなるしいいと私は思うんだけれども。資料もしっかり集めてあるのはやはりS林業というブランドの強さかも知れないな、と思います。なにせ、うちの隣と向かい、そして3軒向こうが住林で建てているんだもの。建築基準とかうるさい新興住宅街の全てを把握しておられます(^_^;)
そして提案が的確。これは注文住宅ゆえかもしれませんが、他所は間取りと金額から入ってその話を主に勧めていくけれど、S林業だけは資金計画に重点を置いて話を進めてきました。
住み替えなので家の売却方法とか、あと売ってから新しい家に引っ越すまでの仮住まいの話しだとか。あと地形の関係上外構に思った以上にお金がかかりそうなのですが、それをどう安く上げるかの提案。他所は一切こういう話を今のところですがしません。
あとやられたのが子供への配慮。
娘は入学と同時の引越しを考えているけれど、息子は転校で友達と別れなければいけないので、いきなりよりは徐々に環境に慣らしてあげたほうがいいのではないか、という話も出てきたのはS林業だけ。確実にわれわれ夫婦のツボを捉える話のもって行き方なのですヨ。そしてそのS林業マジックに見事今日もかかってしまった旦那と私。……もしかしたらS林業に決めちゃうかもしれない(早)

普通の家庭で普通に家を建てるのと違い、若干問題を抱えている我が家なので、できるだけ信頼のおける会社にお願いしたいというのが一つあります。
名前が通っていればそれだけ宣伝費や人件費も掛かっているかもしれないけれど、やはりS林業というグループのもつ力は大きいです。家の売却、ローンその他諸々。此方が必要以上に負担にならないような受け入れ基盤があるように思えて仕方ないわけです。
営業に丸め込まれているといえばそれまでだけど(事実、夫婦で「乗せられてるかもなぁ」を繰り返していますが(笑))任せてもいいという何かがあるのは確か。多分、私たち夫婦と合うやり方なんだろうな、と思います。

さて、来週の土曜日は構造と完成住宅の見学に行ってきます。それをみて、申込金5万円を払うか否か、決定。

スポンサーサイト



【 2006/03/05 22:59 】

| メーカー選択までの道程 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |