スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
新生活2日目(3月30日のお話)
29日に出たゴミを本日はクリーンセンターまで運ぶ日です。
が、その前に待ちに待ったソファの搬入
張替えに出して約1ヶ月ぶりの再会です。
選んだ布地は残念ながらショールームにもカタログにも載っていないもの。サンプル生地をソファの上に広げて貰ってその上で決めたんだけど、実際に出来上がり見るまではやっぱり不安でした。が、完成品を見たら、これにして正解!って出来上がり具合に超ご機嫌。
市役所へ転入届を出しに行くまでそのまま作業もせずに座り心地も良くなったソファで過ごしました(笑)
市役所には11時過ぎに行ったのが悪かったのか、なんと50人待ち。約1時間待ってモロモロの手続きを済ませてから自宅へ飛んで帰り、そこからクリーンセンターへ実家父とゴミを搬入。はじめて行きましたがすっごい所です。ゴミ捨てるところ、なんの仕切りも無いビルの3階か4階くらいの高さの場所から自分の手で捨てなきゃいけないんですもの。はっきり言って、高所恐怖症の私には近づくことも出来ず、文字通り投げ捨てたって感じです。
臨時ゴミはどこも一緒だと思いますが手数料がいります。
うちの市は自分で搬入する場合、20kg120円で引き取ってくれるわけで、その計量の仕方ってのがゴミを乗せた車の重さを量り、ゴミを捨ててからもう一度計量してもらったその差でゴミの重さを出すってやり方。
この日搬入したゴミの手数料は720円だったので、単純に計算しても100kg以上120kg以下のゴミを持ち込んだってことになります。
100kg…そんなにゴミあったのか(汗)

って感じで一日が過ぎ、結局一つもダンボールはあけないままに終わった一日でありました。
スポンサーサイト
【 2007/04/14 21:40 】

| メーカー選択までの道程 | コメント(0) | トラックバック(0) |
祝!契約

工場見学から一夜明け、義父と旦那と三人であれやこれやと話し合いをした結果、I工務店さんにお願いしようと結論を出しました。
理由としては、実際に見せていただいたお宅やショールームで確認した仕様とさほど変わらない家を建てられるということ。無垢の木を躯体だけでなく、扉などにも使っているので木の温かみを感じられそうな家になるだろうということ。殆どのものが標準装備されているので、選ぶ楽しさは少ないけれど、私のようにあれやこれやと悩む人間にはかえってその方が後々後悔がないんじゃないかな、と思ったこと。決して安いとはいえないお値段ではあるけれど、それに見合うだけの、もしくはそれ以上の設備を備えていると思うこと。…などなど、理由は他にもあるわけですが、義父もI工務店さんを気に入っているようだし、実家の父も「気に入って決めたのならば何もいうコトはない」と二つ返事で了承してくれたので、円満に契約という運びになりました。

今日は天橋立近くまで地質調査に行った後、営業のOさんが我が家まで来てくれて契約書に署名捺印をしました。いよいよ家作りが本格的に始まるんだな、とシミジミ。明日にでも契約金を振り込みに行きたいと思います。
契約後の初回打ち合わせは24日。いよいよ設計さんも入っての話し合いになります。大きな変更はないと思いますが、どんな風に外観が変わっていくのか、また間取りはどうなるのか楽しみです。

【 2006/04/20 01:03 】

| メーカー選択までの道程 | コメント(1) | トラックバック(0) |
工場見学会~I工務店編~
今日は伊賀上野にあるI工務店の工場見学へ行ってきました。
大阪の展示場だけでなく、奈良や姫路、京都からも来られていたようで、観光バスが8台くらい並んでたかな?
朝8時半に展示場出発して現地到着後、2時間家作りに役立つ講演会を拝聴。
正直なところ、2時間寝るだけになりそうだとか思ってたのが、分かりやすくお話してくださったからか睡魔に負けることなく聞けたし、子供には勿体無いほどのお弁当を食べた後のショールーム見学は本当に見るところがいっぱいで、時間が足りませんでした。
ショールームは実際のキッチンの色や高さなんかも確認できてよかったですね。主婦はキッチンにいる時間が長いので、あまりこだわりを持たない私ですがやはり熱心に見てしまいました。構造に関しての説明も今まで聞いてはいたものの、実際に目にすると説得力があるというか、納得がいくというか。営業のOさんがあれだけ熱心に見学会を勧めていたワケがわかりました(遅)
プレカットの工場も見学ができ、倉庫内にならぶこれからI工務店で家を建てられる施主さまの名前を見ると、羨ましいような気が(笑)うちも早いとこ決めたいなーとしみじみ思いました。
そんな中で本日一番に印象に残っているのが免震装置の体験。
震度7を実感できたのは本当に一生一度の経験かもしれません。
娘はあまりの営業さんのリアクションに泣き、息子は興味をそそられて2度乗せてもらってました。私も実際に乗ったのですが、震度7の揺れのすさまじさに改めて阪神大震災の恐怖を思い出しました。I工務店の免震装置では震度7が震度4程度にしか感じなくて、その素晴らしさに今まで考えてもみなかった免震にも興味がわきました。でも、坪単価13万くらい上がっちゃうからなぁ…。流石に80万は払えません(汗)でも、余裕がある人にはオススメです。よそではI工務店さんの値段ではとてもじゃないけど免震なんてつけられませんもの。
そうそう、もう一つ嬉しいことが。なんと福引で1等を取ってしまいました!
サービスでつけてもらえるはずだったカップボードを見事当ててしまいました。…ってことで、他にサービスつけてもらえるように現在交渉中(笑)ジェットバスあたり、つけてもらえたら旦那が喜びそうです。
1等を出すコツはどこかのHPで見たのですが、ゆっくりと回すこと。金だけが少し大きさが違うとかなんとか。その通り実際にやってみたら見事にでたので、これから行かれる方は是非挑戦してみてください。

長時間子供も頑張ってくれた見学会。行っただけの甲斐はあったかな、と思います。やっぱり実際に見て確かめないとダメですね。あとは20日までに契約をするか否か。家族でこの2日間じっくりと話し合ってみたいと思います。

【 2006/04/15 23:08 】

| メーカー選択までの道程 | コメント(0) | トラックバック(0) |
外構打ち合わせ~I工務店編~

今日はI工務店さんから外構屋さんを紹介してもらい、敷地の法面の使い方についての打ち合わせをしました。前回に少し案を貰っていたところに私たちのささやかな希望を伝え、2週間後くらいに2パターンほど提案してくれるそうです。家のことは結構色々な本を読んだりHPを見たりしていたのに、外構は全く手付かず。付け焼刃程度に雑誌を読んで見たけれど、お金かければかけるほどよいものが出来るんだなぁと思いました。
外構屋さんには予算を伝えているので、その範囲内で出来そうなプランと、予算全く無視のプランを持ってきて欲しいとも伝えておきました。
間取りに関してもそうですが、私は減点方式で物を考えます。
I工務店さんには私の希望を丸々入れたプランを一つ作ってもらい、ソレを見て無駄なスペースが多かったり予算が合わなかったりで然程優先順位の高くないものはスッパリ切り捨ててもう一度プランを立て直すという、ちょっと手のかかることをしてもらいました。そうしてもらうことで、自分の中で納得が行くというか…ね。
だから、今回も予算まるっと無視のプランがどんな素晴らしいものが出来てくるのか楽しみです。できるできないは別として、将来こういう風にもできるのね、という夢もみたいですしね。

【 2006/04/12 22:05 】

| メーカー選択までの道程 | コメント(0) | トラックバック(0) |
外構打ち合わせ~S林業編~
本日はS林業で外構の打ち合わせに行って来ました。
担当の方とお会いして、此方の希望を大体伝え2週間後にプランの提案と見積もりを出してくれるとのこと。ただ、一番の問題である法面の提案がかなり此方の希望するものとはかけ離れてしまいそうな予感。段々畑案はあっさりと却下…されたのかな?
その後間取りについて少し手を加えてもらうようにお願いし、和室は8畳に何とか広げてもらいました。その代わり、まるっきり凸凹のない真四角の家が出来上がってしまいましたが(汗)これ、パースに起こしたら面白みなんか何にもなさそうだなぁ…。外観は圧倒的にI工務店の方がよくなりそう。
とりあえず、此方も2週間後に新しくパースを出してもらうことにしました。色合いは前回の南仏風は取りやめて落ち着いたブラウン調のものと、深い緑の屋根に白っぽい壁という二種類。色が変わればかなり家の印象も変わりそうだから楽しみです。

【 2006/04/09 21:24 】

| メーカー選択までの道程 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。